ホーム > ニュース > 1銭のスプレッド幅

1銭のスプレッド幅

「スプレッド」とはFX投資は通貨を取引して収益を得る取引です。

 

売り買いの価格は常時変化しています。

 

それがレートです。

 

テレビのニュースをみていると、ドル円やユーロ円の為替相場の情報が流れる場合があります。

 

例としてあげると、「今日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

 

言い換えると、取引には、買いと売りの価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示している取引会社もあったりします。

 

一般的に売値が安く決定されています。

 

あなたが買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

その差をスプレッドといい、FX取引会社の収入のひとつとされています。

 

スプレッド幅はFX業者によって変化します。

 

スプレッドの広さは投資家にとって負担になるので、狭いFX会社をピックアップしたほうが得します。

 

ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

 

例えば日常的には円とドルのペアでたった1銭のスプレッド幅とは言っても為替の変化が激しい状態では広くなったりするのです。

 

そのため、スプレッド幅が狭いのと、変化が小さいのが大事です。

 

現在では固定でスプレッドの狭さを見せる取引業者も数多くあります。

http://adgjm.net/blog/?us=xjkort

リアルにFX取引会社のトレード画面で現実のマーケットを見て確認しなければわからないのですが、大事な事です。

 

大切なお金を投資してエントリーをしますので本当の売り買いの前に、興味がある取引会社の取引口座開設をどんどんして、スプレッドの狭さを確かめましょう。

 

同じ通貨でもその時点の為替相場の状況によって通貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

 

おおむね、銀行間取引市場で流動性の高い通貨ではスプレッドが狭く、別の通貨ではスプレッドの幅が大きくなる傾向にあります。

 


関連記事

1銭のスプレッド幅
「スプレッド」とはFX投資は通貨を取引して収益を得る取引です。   売...
顔が真っ赤になってしまったうぶ毛処理
スーパー銭湯に入っている理髪店は女性でも入りやすくて顔剃りをしてもらえるのでよく...
必殺の取引方法
はじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった時はナンピ...
テスト
テスト記事です。...